ボキボキしない接骨院に通っています。

2014年7月8日
先月ちょっとした部屋の模様替えで机を移動させていたときに腰をグキッとやってしまいました。
以前から腰痛に悩まされていて、ひどくなるとお尻や足にまで痛みが出たり、足が痺れたりしていました。
整形外科・整体・マッサージと色々なところに通ってみましたが、みてもらったあとは調子が良かったのですが、しばらくすると痛みが出たり、痺れたりを繰り返していました。
整形外科では、電気治療と腰の牽引と痛み止めを処方されるだけ。「この痛みとは離れることができないのかな…。」とあきらめかけてい
ました。
そんなときインターネットである接骨院が目に留まりました。住所を見てみると自宅から近いみたいです。
「他の所と同じかな。」と思いながらも、痛みには勝てず試しに行ってみることにしました。
正直行ってみるまでは接骨院というと、何となく殺風景で、先生は無愛想で、お年寄りや骨折した人が行くところだというイメージがあり
ました。
実際に行ってみると明るい雰囲気で、入口から入るなり「こんにちは」と受付の女性と奥から男性の優しく元気なあいさつで迎えてくれま
した。なんだか活気のある感じがしてほっとしました。
受付と問診票の記入を済ませ、名前が呼ばれました。
先生は男性2人でちょっと緊張しましたが、話してみると優しくて面白い先生でした。これだけでも安心します。ちょっと怖い先生をイメー
ジしていたので。
今の痛みや痺れの状態、どんな時に一番痛みが出るのかなどを聞いてくれ、「身体の状態を見させてください。」と身体を動かして、身体
が動く範囲や痛みの出る角度を見たり、うつ伏せに寝かせて筋肉の緊張などの触診してくれました。自分でも気づかなかった左右の動きの
違いも教えてくれました。
そして、今の体の状態と、今後それを改善していくために何をしていくのかわかりやすく説明してくれ、治療が始まりました。
電気治療や手技療法(マッサージのような治療)をしてくれました。痛みを確認しながら治療してもらえたので、とても心地よく任せられま
した。
自分のイメージでは体の骨をボキボキ鳴らされて痛い思いをするのではと思っていたので、内心ほっとしていました。どうやら接骨院は必ずボキボキ鳴らすわけではないんですね。
やっぱり、先入観のイメージは強いですね。
治療後、驚くほど体がすっきりして、動かせる体の範囲が広がったようでした。来たときはスリッパを床に置くこともつらかったのですが
、自分でも気づかないうちにスリッパの位置を直していたほどです。
最後にローラーベッドという機械も使ってくれました。背中の下をローラーがゴロゴロと転がっていきとても気持ちがよく寝てしまいそう
でした。
僕はどうやら腰の捻挫したようで、保険を使って治療ができるとのことで、治療費もそれほどかからず済みました。
先生は「すぐには良くならないかもしれないけど、無理のないよう治療を続けましょう。」と言ってもらい、今は週3回のペースで通ってい
ます。
少しずつ痛みや痺れが楽になっている気がして、気持ちまで楽になってきています。
腰痛で困っている人に教えてあげたなと思っています。

岐阜市で腰痛の治療なら田原接骨鍼灸院がおすすめ!

http://www.bo-ne.com/

訪問介護ヘルパーさんに聞いた訪問マッサージについて

2014年5月7日

訪問介護ヘルパーさんに聞いた訪問マッサージについて

私の母が脳梗塞によって介護が必要なため訪問介護ヘルパーさんに

定期的にきてもらっています。

やっていただいている事は掃除や洗濯の生活の介護や

お部屋の掃除などまた必要な時は食事を作ってもらったりしています

もう3年ぐらい来ていただいているので私なんかよりもすごく親身になっていろんな話をしているようです。

そして母が脳梗塞のせいで足が不自由なので

歩くのがとても不便だといつも言っています。

それに右のほうの手がしびれているので物にも感覚が分かりにくいということや動くときにうまく動かされないということを言っていました。

そのことをヘルパーさんに話しているとそのヘルパーさんは

私の他の利用者さんがマッサージというものをやってもらってるよと

いうことを教えてくれました。

私も訪問マッサージたいものが何なのか分からなかったので

インターネットで調べてみました。

どうやら医療保険を使った医療マッサージやリハビリをするような

ことがわかりました。

ケアマネージャーに相談してみると良いところがあるよ、

ということで紹介していただきました。

そこから無料お試しということで最初にお試しの施術を受けることにしました。

そこの業者さんからは先生と事務員の方がお二人見えました。

先生には体の状態や今望んでいることまたどこが痛いのかとかどこか困ってるのかということを話をしました。

一通り説明などを受けてから後は母は先生に施術を受けてもらってきました。

私は事務員さんと細かいことや日程の調整をしていました。

施術も終わり業者さんが帰った後母にどうだったやってみるってこと聞いてみるととても満足した様子で是非頑張ってみたいということでしたのでそこの業者さんにお願いすることにしました。

訪問介護のヘルパーに聞いた訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

整体師って

2014年3月10日
整体とは、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢等の体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正と、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具にておこなう医業類似行為の一種であるとされているそうです。医業類似行為とは、「医師の医学的判断及び技術をもってするのでなければ、人体に危害を及ぼし又は危害を及ぼす恐れのある行為」であるとされています。医行為を、「業、すなわち反復継続する意志を持って行うこと」で、現在に於ける整体は、日本武術の柔術や骨法等の流派に伝わる手技療法を中心とする整体、伝統中国医学の手技療法を中心とする整体、大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法を中心とする整体などあります。どうしても先生と言われると、 勘違いされる整体師もいると思います。

ストレッチ

2014年2月7日
ストレッチとは「引っ張る」、「伸ばす」という意味の英単語で、ストレッチングとは、その「引っ張る」、「伸ばす」動作のことをさしています。同じ姿勢をとり続けると体が疲れてくるのでちょっと体を伸ばす、あくびをする、というのも一種のストレッチングだそうです。私も長時間同じ姿勢でいるのでたまに車の中でストレッチをしたりします。スポーツ現場におけるストレッチとしてはウォームアップやクールダウンのときに行うもの、という意識があります。ストレッチを行う状況によって目的は違ってきますので、状況に応じたストレッチを行っていくようにするといいみたいです。ウォームアップのストレッチは、これから競技をする、運動をするという意識を筋肉に与えるために、体を動かしながらストレッチしていきます。準備体操みたいなものでしょうか。クールダウンのストレッチは筋肉が疲労した状態であるので、疲労物質を早く除去できるように血流をよくすることを意識します。確かに疲労した筋肉をそのままにすると、硬くなりますよね。突っ張るみたいな。寝る前のストレッチも1日の疲れを癒やすのではないでしょうか。

スポーツ整体 その2

2014年1月17日
整体は腰痛や体の歪みなどの症状の他にも、スポーツにも大きく効果があるんですよね!!それはアスリートのための整体です。私の息子は陸上の長距離選手ですのでアスリートのための整体はとても気になります。スポーツ整体とは何か?一般の整体とはどんな違いがあるのでしょうか?スポーツ整体とは、運動やトレーニングをされているアスリートを対象に施術されている、日々の練習でダメージや疲労がたまり、身体を酷使している選手の身体をメンテナンスしてくれるのがスポーツ整体師なんです。整体師の資格といっても民間資格で国家資格ではありません。だからもちろんスポーツ整体師の場合も同じです。しかしスポーツ整体師をするには勉強が必要で実際にスポーツトレーナーやスポーツ整体師として経験を持った整体師に知識を得ることが大切です。一般の整体の腰痛を施術するのとは違います。今は一般的な整体では利用者の割合が比較的に低いと言われているそうですので、スポーツをする学生やアマチュアアスリートの利用が期待できるので、これからはスポーツ整体はきっと集客へと繋がると思います。

スポーツ整体

2013年10月14日
スポーツに利用されている整体のこと「スポーツ整体」と言うそうです。最近よく看板を見かけます。スポーツ整体は、運動やトレーニングに励んでいるアスリートを対象に施術されます。日々の練習などで酷使して、ダメージや疲労が溜まった選手の身体のメンテナンスを目的にした療法です。アスリートにとっては嬉しいですよね。スポーツ整体のおもな効果は、骨格の歪みの矯正や、スポーツをしているうちに身についた身体の悪い癖の改善など。定期的に施術を受けることで、怪我をしにくい身体作りが期待できるということ。でも治療ではないので、あくまでサポートとしての意味合いですね。スポーツ整体の施術対象であるアスリートの身体は、運動をしていない人と比べ、はるかにダメージが多いもの。だから、スポーツ整体の施術者には、アスリートの身体に関する豊富な知識が求められます。当然の事ですが、これによってアスリートの体がどうなるかの責任もあるのです。

スポーツ整体』スポーツに利用されている整体のこと「スポーツ整体」と言うそうです。最近よく看板を見かけます。スポーツ整体は、運動やトレーニングに励んでいるアスリートを対象に施術されます。日々の練習などで酷使して、ダメージや疲労が溜まった選手の身体のメンテナンスを目的にした療法です。アスリートにとっては嬉しいですよね。スポーツ整体のおもな効果は、骨格の歪みの矯正や、スポーツをしているうちに身についた身体の悪い癖の改善など。定期的に施術を受けることで、怪我をしにくい身体作りが期待できるということ。でも治療ではないので、あくまでサポートとしての意味合いですね。スポーツ整体の施術対象であるアスリートの身体は、運動をしていない人と比べ、はるかにダメージが多いもの。だから、スポーツ整体の施術者には、アスリートの身体に関する豊富な知識が求められます。当然の事ですが、これによってアスリートの体がどうなるかの責任もあるのです。

問題点を見つけて改善する

2013年7月31日

整体の中でも、よく予約が何ヵ月待ちのお店があると聞きますが、いったいどんな方法で繁盛店にできるのか?秘密があるのならぜひ知りたいですよね…。私が知っている整体はまるで、高級エステに来ているかのような施設で個室で人の目も気にすることなく、ゆっくりと施術を受けることができる整体です。完全予約制ですので、時間を気にしないですみますよね。技術も良く、個室で綺麗、サービスも行き届いている。これだけ条件がいいのなら何ヵ月先まで予約で一杯なのがわかります。やっぱり繁盛しているお店には、必ず何らかの理由があるんです。また流行らないお店にも何らかの理由があるんですよね…。どうすれば集客できるのか?ではなく…まずなぜ集客できないかを考えるのもいいかと思います。自分のお店の問題点を見つけて改善していく。目先のことばかり見ていないで、もっと深い部分を見つめてみてください。

自力整体

2013年6月14日

最近 知人から自力整体って言葉を聞きました。私が知人に、関節や筋肉などの調子が良くないと話をしたのです。自力整体って初めて聞いたのです。自力整体法とは、自分自身で骨格の歪みを整えたり、筋肉のコリをほぐしたり、圧迫された神経や血管の流れを良くしたりします。私達が長時間座っていて、姿勢が辛くなると伸びをしますよね。そんな感じに近いそうです。筋肉の強化や体力をつけるといった、自分自身でひとりで行う整体なのです。これと同じような原理で、腕を引っ張ったり伸ばしたりすることで、固まっていた筋肉が伸び縮みして、血の巡りを良くします。その方法によって、疲労が回復したり、目の疲れが取れたり、筋肉の痛みがほぐれたりするのだそう。確かにストレッチでも気持ちがいいし、終わった後も体が温かくなるのでいいですよね。自力整体には整体だけでは限界があるみたいなので 食生活や生活を変えながら同時進行していくやり方を提唱しているみたいです。

看板のリニューアル

2013年5月14日

もし集客が伸び悩んでいるとしたら、まず店のイメージを変えることも良いのではないでしょうか!店のイメージを変えやすいとしたら看板のリニューアルを行うと一定の効果は表れるのではないでしょうか。なぜなら毎日その道を通っている方はきっと見慣れた風景になってしまっているため気にならなくなっていると思います。そこで看板を変えることで毎日の風景に変化が起こり、気づきまた再認識をしてくれるのではないでしょうか。看板のリニューアルをするにはどこを変えるかになります。大きく分けると「表示の変更」「デザインの変更」「照明形式の変更」の3パターンが考えられると思います。新規集客を取り込みたいなら整体であることを大々的にアピールするのに分かりやすい看板にすること。昔の常連客に向けてまた思い出してもらうことに、重点をおく場合ならまた気軽に利用してもらいやすい雰囲気の看板に変えると良いと思います。デザインや色でかなりイメージは変わるもの! 店のイメージに合うように変化することが大切です。

確かな技術と安心できる治療

2013年4月15日

腰痛や肩こり長年悩んいる方は多く見えると思います。長時間歩いたり立っていると腰に痛みがきたり…仕事中の肩こりがつらかったりと、どうにかしてほしいと切実に願う患者様は大勢います。そんな患者様を集客するには、どうしたらいいのしょうか?それは患者様が望む満足する治療をすればいいのす。先生の丁寧な説明と治療、患者様一人ひとりに合わせた治療、確かな技術と安心きる治療、衛生的な治療室、心地よい癒しの施術す!また完全予約制にすること、施術の効果を高めゆっくりとリラックスした施術を受けていただくことがきます。安心信頼きる整体院になり、口コミ評判が広がっていく可能性があります。確かな技術と安心きる整体院を目指しましょう!